ブログメニュー



スピークス RSS feed for this section

Speaks vol.136

Speaks vol.136   <<応援の力>> 私たちは、自分のテクニックやフィジカルなどの内的な力を使ってテニスをプレーします。 しかし、外的な力の存在も忘れてはなりません。 外的な力とは何かというと、「応援の力」 […]

Continue Reading

Speaks vol.135

Speaks vol.135   <<「パフォーマーセルフ」を演じよう>> スポーツラーニングの中でも試合成績が優れるある生徒さんが、 こんなことを言っていました。 試合を振り返り、「相手がビッグサーバーだからといって、 […]

Continue Reading

Speaks vol.134

Speaks vol.134   <<変われないのは「センス」がないからではなく「※※」がないから>> 前回のスピークスでは、変われない人の傾向として、 「これは癖だから仕方がない」といってあきらめる人、 「これは自然じ […]

Continue Reading

Speaks vol.133

Speaks vol.133   <<「長年の癖だから」は本当か!?>> レッスンをしていると、 上手くできない人からこんなフレーズを聞かされることがあります。 「長年の癖だから仕方がないんですよねー」 この会話に、非常 […]

Continue Reading

Speaks vol.132

Speaks vol.132   <<今すぐ変わることをやる>> 多くの人は、今すぐ結果を得たいと思っています。 だけど、結果を得るには、練習しなければなりません。 動作を反復して、身体に覚え込ませる必要があるのです。 […]

Continue Reading

Speaks vol.131

Speaks vol.131   <<2:6:2の法則>> グループの割合には、ある一定の法則があるといいます。 「2:6:2の法則」です。 学校のクラスでいえば、 すごく勉強ができる秀才が2割、平均的な層が6割、できな […]

Continue Reading

Speaks vol.130

Speaks vol.130   <<押してダメなら引いてみる>> 前回は、ラケットを「前」ではなくて、 「外」へ振るストロークの正しいスイングについて解説しました。 ただし、そのことについて頭では分かっても、 長年、前 […]

Continue Reading

Speaks vol.129

Speaks vol.129   <<腑に落ちる>> テニスは、相手が前にいて、ボールを前に打ち返すスポーツです。 だから、「ラケットは前に振るものだ」と思い込んでいる人が少なくありません。 「今さら何言っているんだ!」 […]

Continue Reading

Speaks vol.128

Speaks vol.128   <<「コーディネーション能力」の応用>> 前回は、自分で自分の身体を思い通りに操る力、 「コーディネーション能力」について説明ました。 「自分の身体なんだから思い通りに操れて当然!」と考 […]

Continue Reading