Speaks vol.137
  <<デジタルとアナログ>>

デジタル家電から電子書籍に至るまで、
近年のデジタル化には目を見張るものがあります。
それにより、生活が便利になったり、効率が上がったりするメリットは計り知れません。

しかし、そのようなメリットがもてはやされると、
デジタル至上主義のような極端に走る動向が起こり、
対極にあるアナログは全部非効率だといってどんどん切り捨てられるのが世の風潮。
だけど、本当にアナログ的なものを、どんどんなくしてしまってよいのでしょうか?
(この内容をご覧になるには、会員ログインが必要です。)